水戸市有害ごみの分け方・出し方(内原地区)

水戸市有害ごみの分け方・出し方(内原地区)

有害ごみの分け方・出し方(内原地区)について、水戸市がインターネットというメディアを利用して私たちにわかりやすく水戸市有害ごみの分け方・出し方(内原地区)情報を提供されています。
水戸市ホームページの中から、家庭ゴミやリサイクルのページを探し、水戸市有害ごみの分け方・出し方(内原地区)を紹介しておりますのでご活用いただければ幸いです。

 

スポンサード リンク

 

 

有害ごみの分け方・出し方(内原地区)の紹介

水戸市有害ごみの分け方・出し方(内原地区)のページを見てみると、次のような項目で有害ごみの収集がなされています。

 

水戸市有害ごみの分け方・出し方(内原地区)
■水戸市有害ごみの分け方・出し方(内原地区)主な内容の紹介

 

乾電池・蛍光管・水銀体温計など
(注意)内原地区の方のみ対象です。

 

資源物コンテナ(白色)に入れ、資源物3と同じ収集日に出してください。
蛍光管は、購入時のケースなどに入れて紐で束ねてください。
乾電池、水銀体温計は種類ごとに袋に入れ、「乾電池」「体温計」とそれぞれ袋に書くなど、中身がわかるようにしてください。
ニカド電池(CDプレーヤー、カメラ、ビデオカメラ用)や充電式電池は、リサイクル協力店または販売店で引き取ってもらってください。
乾電池(9ボルトのアルカリ電池)の電極同士の接触による火災事故が発生していますので、電極部分にビニールテープを貼ってから出してください。
コンテナは内原出張所で購入してください。

スポンサード リンク