アルミマーク

アルミマーク

<アルミ缶>
アルミのリサイクルマーク

 

アルミ缶
アルミのリサイクルマークは資源有効利用促進法によって1991年10月より表示が義務付けられています。

 

ビールや炭酸飲料などはアルミ缶が多く使われています。アルミは軽くて冷えやすく、さびにくいという特性がありますが、やわらかいので凹みやすいという欠点もあります。強度を保つため炭酸ガスを入れています。

 

スポンサード リンク

 

アルミ缶リサイクル

まとめて押しつぶし、大きなアルミのかたまりにする。

高温の熱でアルミのかたまりを溶かします。

アルミを固めて再生地金を作ります。

薄くのばして缶材を作ります。

アルミ缶はアルミサッシ、自動車部品、同じアルミ缶へ主にリサイクルされます。缶から缶へのリサイクル率が高いのが特徴です。

 

 

ごみ収集日のアルミ缶の出し方

皆さんの住んでいる地域のルールに従ってゴミの分別をする必要があります。間違ったゴミ分別をしないために、地域のルールをチェックしておきましょう。

スポンサード リンク


不用品処分

不用品と言っても売れるものやリサイクル、リユース出来るものもありますので、捨てる前にしっかり確認してみましょう。
どうしてもごみとして捨てなければならない場合もありますが、ごみの出し方は地域によって違うのが現状です。
粗大ごみガイドブック
不用品の処分でお困りの場合
まずは無料の見積もりをしてから処分しましょう。

ECOクリーン