スチール缶マーク

スチール缶マーク

スチール缶リサイクルマーク
スチール缶マーク

 

スチール缶
スチール缶リサイクルマークは資源有効利用促進法によって1991年10月より表示が義務付けられています。
コーヒー飲料等はスチール缶が多く使われています。
高熱をかけて殺菌するものは、温度が下がって中味が収縮した時凹んでしまうので、強度があり凹んでしまわないスチール缶を使用します。 

 

 

 

スチール缶のリサイクル

スチール缶やいろいろな鉄の素材(建物の鉄骨・鉄筋、車のボディー、鉄道のレール等)に生まれ変わります。

 

 

ごみ収集日のスチール缶の出し方

皆さんの住んでいる地域のルールに従って家庭ゴミの分別をする必要があります。間違ったゴミ分別をしないために、地域のルールをチェックしておきましょう。

スポンサード リンク


不用品処分

不用品と言っても売れるものやリサイクル、リユース出来るものもありますので、捨てる前にしっかり確認してみましょう。
どうしてもごみとして捨てなければならない場合もありますが、ごみの出し方は地域によって違うのが現状です。
粗大ごみガイドブック
不用品の処分でお困りの場合
まずは無料の見積もりをしてから処分しましょう。

ECOクリーン